FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メトロノームで練習するのに疑問を持ったら

メトロノームにあわせて練習することはあるでしょうか?

うまくいってますか?

あ、つまり、
追いたてられるようで弾きにくくないですか?

フレーズの終わりなんかで少しでも油断すると、先に行かれてちゃって、追いつくまで急いで弾かなければならなくて、そうするとメトロノームを追い越しちゃって・・・などと苦労していませんか?

先生に
「正確なテンポで!」
と言われたから、きちっとメトロノームに合わせていったら、
「もっと歌って!」
とテンポをゆらされて
「なんなん?」
と思ったことは?

それとも、だれかのすばらしい演奏の録音を、メトロノームでこっそりチェックしてみたら、けっこうずれる、というか、合う所が少ししかなかった、って経験は?




これ全部私の経験ですが、似たようなことを感じている方もいるのでは。

今日はそういう時におすすめの練習のやり方を。




「拍子を(声に出して)数えながら弾く」



です。

子供の頃、初歩の教本をやっていたころ、やったことがあるのではないかと思います。
それとも先生が横で数えてくれたでしょうか?

それを今やっている曲で、自分で声に出してやります。

数え方は、拍子どおり。
2拍子なら、1、2、1、2、・・・
3拍子なら、1、2、3、1、2、3、・・・
4拍子なら、1、2、3、4、1、2、3、4、・・・
です。

もし間に「ト」をいれたほうが数えやすければ、入れて数えましょう。
1、ト、2、ト、1、ト、2、ト、・・・
のように。

ゆっくりの曲の時や、細かい音符がある時などは「ト」をいれたほうが数えやすいかもしれません。

逆に速い6/8拍子などは、1、2、3、4、5、6、1、2、3、4、5、6、・・・
のかわりに、大きく(付点4分音符で)
1、2、1、2、・・・
と数えるか、「ト」を使って、
1、ト、ト、2、ト、ト、1、ト、ト、2、ト、ト、・・・
と数えるのも良いかもしれません。



ていねいに説明してもこの程度で終わってしまう(笑)、この練習ですが、これ、とにかくやってみないと良さがわからないのです。
ちょっとでも興味をひかれたらぜひ!


といってもそう言うだけでは説得力無さすぎ、なので、どこがそんなに良いのか、書いてみましょう。


①数えながら弾くと、弾きにくいので、後で数えるのをやめて普通に弾いた時、上達している。
障害物走を走ったあと、ふつうに走るとらくちんだよ!という感じですね。
これは良いところ序の口。

そしてなんと、

②うまく行ってない所があぶり出される。
1、ト、1、ト、と変な数を口走ったり、数える口が「アワアワ・・」となったりする所は、一見弾けていたようにみえるけれども実は怪し~い所、です。数えながら弾けるようになると、その怪しさが消えてすっきりします。
すごいでしょ?リトマス試験紙みたいなんです。

そしてもちろん、

③リズムが良くなる。
数えながらあやふやなリズムはかえって弾けません。
それから、次は重要。メトロノームで練習するのって主にこれが目的では?

④テンポが安定する。

そもそもテンポが安定しない要因は
「テンポ感が悪いから」
とか
「テクニック的なもの」
とか思われがちですが、
実はそれよりも、
「気づかないうちに色々な単位で拍子を感じているから」
ではないかな、と思います。

8分音符や16分音符、32分音符など細かい音符が出てきた後、長い音符が出てくると、そこだけ速くなってしまう、ということはよくあります。
これは細かい音符の時は細かく、長い音符の時は大きく拍子をとってしまうからでしょう。

数を数えながら弾くというのは、同じ単位を(否応なしに)感じつつ進んでいくことになります。
指揮者を一人雇ったようなものですね(笑)

もちろんこの練習をした後は、数えるのをやめて(数えてたことなんか忘れて)、普通に弾いてください。
一旦やる、ということが練習なので、練習した後まで拍子を気にしながら弾く必要はなし。

さて、いかがでしょうか?

最後に、もひとつおまけをつけましょう。
⑤これら全部を、メトロノームの血も涙もない非情な拍子に追いたてられることなく、マスターすることができる!



もしかしたら
「拍子を自分で数えるのはあまり正確ではない」
と思う人もいるかもしれません。

確かに弾きながらだと、面白いくらいヨレヨレになるし、まるで違う数字を口走ったり、途中で口がお留守になったり、こけつまろびつなんとか進む、ということにも(しょっちゅう)なります。

でも数える時にヨレヨレでも、ビフォーアフターは大きく違うんですよ~。

人間には脈があったり、お母さんのおなかの中ですでに心音を聞いて育ったり、歩く時、走る時、海の波のよせてかえすリズム、と脈動感のあるリズムは人間そのもの、もともと持っているリズムなんだろうと思います。
安定した、でも機械的ではないリズム。

数えることで、その有機的なリズムに有機的に音符を乗っけてあげることができるんだろうと思います。

あ、ヨレヨレになることは必至なので(逆にすっと数えられちゃう人にはこの練習は必要ないかも)、ヨレたら笑い飛ばす!というのが、この練習の唯一の「使用上の注意」です。

お楽しみを!



にほんブログ村











関連記事
スポンサーサイト

theme : 楽器 練習
genre : 音楽

tag : 練習 メトロノーム 拍子 脈動感

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2018/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

piakira

Author:piakira
ピアノを弾いたり教えたり。思ったこと、練習のアイデア、メモなど。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
ようこそ!
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。