FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽譜の書き込み

書き込みをすることについて。

レッスンで教師が楽譜に書き込みをすることはよくあります。
そのほかに、自分で書き込みしてますか?

色々な方がいて、だいたい

①書き込みは教師がするもの派 
②自分でも時々する派
③レッスンで習ったことにとどまらず、自分で考えたこと、アイデアなとどんどん書き込む派

の3つの傾向があるようです。

書き込み、どんどんするといいと思います。
自分の楽譜ですし。

色々書き込みをした楽譜、愛着もわくし、研究の跡ものこるし、次に弾く時に役に立つかもしれません。


書き込む内容は
☆ドレミ(加線の多いとても高い音やとても低い音でなんだっけか?と思う音符にちょっと書いておく)
☆指使い
☆強弱、アゴーギク、アーティキュレーションなど
☆曲の構成にかかわること(フレーズとか形式とかetc.)
☆ハーモニーに関すること
☆アイデア、イメージなどのメモ
☆注意する場所、注意事項
☆練習の方法
などなど・・・・

自分に合わせていろいろ自由に書き込めばよいと思いますが
書き込むときのおすすめを少し。

①「○○するな」コマンドではなく、肯定的コマンドで書く。
「速くならない」→「同じテンポで」
「硬くならない」→「しなやかに」
など。

②気分が上がるように書く!
「ぎゃーあかんわ~」という所だからといって、でっかい×印つけるのとかやめましょう(え?闘志がわく?そういう人はそれでもいいですね)。
見直しポイントとか練習ポイントには自分の好きな印を使いましょう。個人的にはハートとかはなまるとか、かわいい印をつけるのがおすすめ。
色をつけてカラフルに、というのも良いですが、あとから消せる筆記用具を使うか、消せないものはコピーをとった楽譜に使うほうがよいかもしれません。というのも、

③いらない情報は消す。
熱心にいろいろ書き込んだマイ楽譜、あまりに書き込みすぎてもとの音符がかすんでしまうほど、ってことはないでしょうか。
そういう時は、もうできるようになったこと、いらない情報を消す、ということも考えてみましょう。
楽譜がすっきりとして大きな流れも見えやすくなり、またあらたな発見があるかもしれません。


以上、今回は楽譜の書き込みについてでした。
遠慮せずいろいろ試してみてはいかがでしょうか。

余談ですが、図書館で借りた楽譜に、指使いとか書き込まれていて、
「おー、この人はこんな指使うのか」
と思ったり、
「あ、この人もここで苦労したのね!」
と見知らぬ人に共感したりすることがあります。

借り物に書き込み、ほんとはよくないけど、ね。(せめて鉛筆で!)










にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

theme : 楽器 練習
genre : 音楽

tag : 練習 楽譜 書き込み 気分が上がる

comment

管理者にだけ表示を許可する

11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

piakira

Author:piakira
ピアノを弾いたり教えたり。思ったこと、練習のアイデア、メモなど。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
ようこそ!
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。