FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽的にパッセージを弾こう!

前に、16分音符(など)のパッセージを弾く時に、「ふぞろいに弾こうよ!」ということを書きました。(→ふぞろいに弾く

言い方をかえると「音楽的にパッセージを弾こう!」
ですね。



音楽的にパッセージを弾きたいときにできることはなんだろう?
いくつか挙げてみます。


・アーティキュレーション、なにかついているでしょうか?

 ついていたらもちろんやってみましょう。
 
 ついてなかったら全部レガートで弾きますか?
 ノンレガートのほうがいいでしょうか?
 所によって変えますか?
 自分でアーティキュレーションをつけてみたら?

・強弱はどうでしょうか? 
 クレッシェンドやディミヌエンドしたくなるところはある?
 軽くアクセントをつけたくなるところは?
 色々試してピッタリ合うのを探してはどうでしょうか?

・その部分の和声はどんな風になっているでしょうか?
 急に変化を感じる和音のところはないでしょうか?
 そこのところのパッセージをその和音の変化にぴったりくるように表現するとしたらどんなふうになる?
 空いている手で和音を弾きながらパッセージを弾いてみたら、和声をより感じることができるかも。
 その部分の基礎になっているバスの音や和音だけでしっくりくる弾き方を探してみたら、大まかな流れのヒントになるかも。

・パッセージを歌ってみる、または歌いながら弾いてみるのは?
 丁寧に時間をかけて歌いたくなる音程や、はずみをつけて歌いたくなる音がある?

・パッセージをニュートラルに(特になにも表現しようとせずに)ゆっくり弾いてみて、音たちがどんな要求をもっているか感じてみる  のはどうでしょうか?

 どこか切れ目を感じるところは?
 ひとまとまりに感じるモチーフがありますか?
 大きなまとまり、小さいまとまり、小さいまとまりがいくつかくっついて大きなまとまりになっているかも。
 
 大きな流れの方向は?
 上にむかって盛り上がっていく?下に向かって静まっていく?
 逆に、下に行くときにしっかりした支えの感じがあったり、上に行くときにはかなく消えていく、というのもあるかも?

 なにか微妙な音のゆらぎや細部のニュアンスのようなものを感じる?



パッセージって速くきれいに弾きたい!って思いがちだと思うのですが、色々試すと、逆に速く弾きすぎていたところがわかったり、そんなにあせらなくて良かったんだ、という所がみつかったりします。
そして音楽的にしっくりくるように弾けるようになると、テクニック的に弾きやすくなったり、間違いにくくなります。


絶版になっているようですが、リーベルマンの「現代ピアノ演奏テクニック」という本に、「テクニック的フレージング」というのが載っていて、これも音楽的にパッセージを弾くのにとても役に立つと思います。

図書館などで見つけたらぜひ見てみてください!

 




にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

tag : 練習のヒント パッセージ ふぞろい

comment

管理者にだけ表示を許可する

11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

piakira

Author:piakira
ピアノを弾いたり教えたり。思ったこと、練習のアイデア、メモなど。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
ようこそ!
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。