スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノの練習と武術の共通点

ひょんなことがきっかけで、システマという格闘技の本を読んだら、
「ゆっくり練習する」ということが書いてありました。

格闘技をゆっくり練習する!?
びっくりです。
 
そして「リラックスが大切」

え、格闘技でリラックス?

創始者のリャブコさんのパンチは敵すら癒す、と言われているそうで、そうするともう戦うこともいらなくなる?
うーむ、深すぎて想像がつきません!




170407_0335~01[253]


でもよく読んでいくと、とても納得できるものでした。

リラックスすることで周りの情報もよくとらえることができるし、とっさに動く必要があっても筋肉がリラックスしていればすばやく的確に動くことができる、ということなのですね。

興奮して頭に血がのぼったままエイヤっとやっても、火事場の馬鹿力としては良いかもしれないけど、いつもそれ、というわけにはいかないですもんね。



そしてゆっくり練習についても、とても分かりやすく書いてありました。

身体が動きを学習するのには、ゆっくり動いたほうが、脳にインプットされる情報が細かいものになるので、情報量もふえるし質もよくなるんだそうです。

一番わかりやすいな、と思ったのはパラパラ漫画のたとえで、
一つの動作を数枚のパラパラ漫画であらわすとぎくしゃくした動きだけれども、ゆっくり練習するのはこのコマの枚数をふやすようなもので、それによってアニメーションのようななめらかな動きにしていくことができる、というところ。


少し引用しますね。

「脳へと送られる情報は、身体を意識しながらゆっくりと動くことで、増加します。逆に素早く動いてしまうと、脳に送られる情報は著しく減少します。(中略)

パラパラ漫画程度では動きがギクシャクしてしまいますが、一秒あたりのコマ数が増えれば増えるほど、どんどん動きは滑らかになっていきます。ゆっくり動くのは、この一秒あたりのコマ数を増やす作業に似ています。動作の過程で自分がどのような姿勢になっているのかをつぶさに認識し、修正していくことで、姿勢の連続としての動き全体が改善されていくのです。」
(システマ・ボディワーク/北川貴英著 p.142、143)



なるほど。
リラックスといい、ゆっくり練習する、といいピアノ奏法の本か!とつっこみたくなるほどの納得感。

これを読むと、ゆっくり練習するときになんとなく感じるイライラ感、焦燥感は全然必要ないのだな、とわかります。

一つの動き→次の動き、ではなく、一つの動きがだんだん変化して次の動きにつながっていく、
一つの音→次の音、ではなく、一つの音が鳴りはじめて鳴りつづけて次の音につづいていく、
そういう途中のところを、よく味わったり観察したりしてゆったりすすめばいい。

しかも、脳にインプットされる情報がそのほうが多いんですよ!
ちょっとゆっくり、じゃなくて、ドーンとゆっくりでコマ数をたくさん増やしたくなりませんか?



そして私がさらにノックアウトされたのは、その続き。

技の上達を望むならゆっくり練習は近道だけど、ゆっくり練習には、
「上達につながる実感が薄く、なおかつカタルシスが得にくいという側面があります。」

そして、トレーニングの目的も上達だけとはかぎらず人それぞれなので、
「すべての人がそう練習しなくてはいけないわけではありません」


ほんとにその通り!
ゆっくり練習って達成感に欠けるんです。
だからやりにくい。

そしてそれをわかっていて押し付けないなんて、なんて優しい!
ほんとうにすべての人が上達にむけて合理的な練習をしないといけないわけじゃないし、
人それぞれの楽しみ方がありますよね。

ゆっくり練習もリラックスも、私の頭の中では、武術の練習じゃなくてすっかりピアノを弾くことに変換されたのでした。





システマ、いろいろ興味深くて、記事を書いてみたものの、面白さを十分お伝えできたとはとうてい思えないので、気になる方はぜひ読んでみてください!
システマについてはここで紹介した、

システマ・ボディワーク
自然で快適に動き、「本来の力」を最大に発揮する!
北川貴英著/BABジャパン

その他たくさん出版されています。









にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

tag : システマ リラックス ピアノ ゆっくり練習

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

piakira

Author:piakira
ピアノを弾いたり教えたり。思ったこと、練習のアイデア、メモなど。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
ようこそ!
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。