FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばかばかしい練習のすすめ

ピアノ奏法の本などに時々、「創造的な練習をしましょう」、なんて書いてあることがあります。

「なるほどゲイジュツである音楽は練習の時点ですでに創造的であるべきなわけなのね、うんうん」
と納得だ?

いやでも実際なんの練習すれば創造的なわけ?と考えると正直わかりません。

まあ練習していて、なにか問題を発見して、それを解決するべく工夫してたら、結果とても創造的な練習になった、ってこともあると思うんです。それはとってもすばらしい。

でも日々練習していて、マンネリになったり、伸び悩みしたり、どこをどうしたらいいかまったく見当がつかなかったり、ってこともあるでしょう?




そういう時のクリエイティブな練習。
(そういえばこの場合「創造的」って日本語より「クリエイティブ」って言葉のほうが気楽にかんがえられそうな気がします。ちょっとしたアイデア、とかへんな発想、とかも仲間にいれてもらえそうで。)

私はそういう時、ブレインストーミング、というのをやります。
これはアイデアを、どんなものでもよいから素早くたくさん出す、というもの。

ばかばかしい、けっこう!実現不可能、大歓迎!こんなのいくらなんでも。。。いえ、ありです、アリアリ。
という感じでなーんでもいい、関西人ならぜひ受けねらいのとかもいれてみちゃって下さい。鼻に割りばしつっこんで弾く、とかね?

もともとは会議など、たくさんの人でするものらしいので、だれかと一緒にやるのもいいでしょうが、一人でも大丈夫。
レッスンでつかう時は先生のほうから先に、どんどん変なアイデアだしましょう。

そしてとにかく大急ぎでたくさん書き出す。
キマジメな理性がはたらきそうになるのをスピードで制してください。
10コか、できれば20コくらい。制限時間をきめてやるといいかもしれない。5分とか10分とか。


そうすると、最初のいくつかは、「片手づつ練習する」、とか「ゆっくり練習する」、とか「部分練習する」、などの大変まじめな(つまりもうあきあきしちゃってる)練習法になるかもしれません。

でも10コも20コもまじめなの、思いつかないでしょう?
ぶっとんだの、つまんないの、くだらないの、遠慮せずいろいろ出して出して。

はずかしい人はこっそりやって、あとでその紙すてちゃえばいいんですからね。




そしてそこからいくつかやってみる。
え、できない?

ええ、そうですね。実現不可能のもありますからね。
「バンジージャンプしながら弾く」、とか?

さすがにバンジージャンプしながらピアノは弾けないですよね。ピアノも一緒に落としてもらわないといけないから、予算的にちょっと。。。

そしたら、そのアイデアをちょっとでも生かす何かをやってみる。というのはいかがでしょう。
「バンジージャンプの気持ちで弾く」
とか、バンジーはむりでも
「ジャンプしながら弾いてみる」
とか?


ばかばかしい!って思いますか?
たしかに「ばかばかしい練習法のすすめ」なので、ばかばかしいのですが、やってみたら面白いんですよ。

10コか20コ出したアイデアのうち、1つでも「あ、これは面白いな」とか「やってみたら何かに気付いた」ってことにつながればいいじゃないですか。

やってみないとはじまらない。







「鼻に割りばし」やってみました。
えーっとね、結果は、「練習には向かない方法ではある」
しかしですね、とっても大事なことに気づかされました。
「演奏中の呼吸はたいへん大切である」
ってことです。
鼻に割りばしいれて落ちないようにしながら弾くと、鼻で息ができないんですよ。そうすると口で息をするんだけど、とってもやりにくい。
なのでさらにくわしく言うと
「演奏中の呼吸はたいへん大切である。口で呼吸するより鼻で呼吸したほうが楽に弾ける。」
ってことかな。



関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2018/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

piakira

Author:piakira
ピアノを弾いたり教えたり。思ったこと、練習のアイデア、メモなど。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
ようこそ!
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。