スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れることが覚えること。

最近読んだ本で記憶についてとてもなぐさめられることが書いてありました。
「なぐさめられる」ってちょっとへんですね。
でもそうなんです。

ざっくり言うと「覚えるためには忘れるのが役に立つ」

暗譜したはずの曲を忘れちゃったり、初めから弾くと覚えていても、曲の途中からだとわからなくなったり、両手でやって大丈夫だったのに片手にするとわからなくなったり、そういうことってありませんか。
そういう時、がっくり....しませんか?
あーーーーできたはずなのにぃぃぃぃぃ。。。忘れちゃったよおおおおお。。。。また覚えなおしかよぉぉぉぉぉ!
って。

そういう時は「記憶がまだ不確かだったんだわ、だからここで記憶を強化するいい機会だと思ってがんばろう(涙)。全部忘れたってわけじゃないんだし。」
と思うようにしていたし、生徒さんにもそんなふうに言っていました。

ところが。
これが本当にそうらしい、ってこと、そしてさらにもっと嬉しいことが書いてあったのですよ。
こちらの本です。

脳が認める勉強法」ベネディクト・キャリー著 ダイヤモンド社


この本の著者は高校生くらいまでガリ勉だったのにあまり成績がふるわず、大学生になって気楽に勉強するようになったらかえって勉強の効果が上がるようになった、という経験の持ち主だそうです。
この本はそんな彼があつめた、学習についての色々な実験や、研究結果がまとめられているのです。

「覚えるために忘れる理論」という名前で紹介されていますが、簡単にまとめてみます。


☆ 記憶というのは2つの側面があって、ひとつは何かを「覚えること(記憶を保存すること)」、もうひとつはそれを「検索して引き出すこと」。

☆ ただ「覚える(保存する)」だけでなく、その情報を何回も「検索して引き出す」ことによって記憶が強化される。しかも、

☆ 「記憶の検索が困難になるほど、その後の検索と保存の力が高くなる」(58ページ)

一番のなぐさめられポイント。ここ↑ この3つめです。

これはつまり「忘れちゃった」のなかでも
「えっとなんだっけ、あそうそう、わかった!」
ってレベルの「忘れた」より
「覚えたはずなのに忘れちゃったよ~ぎゃ~!全然思い出せない!!!」
っていう時のほうが
「その後の検索と保存の力が高くなる」、
つまり
「しっかり覚えられて、次に楽に思い出せる」、ってことじゃあありませんか、
おくさん、これすごくないですか?

ということはですよ、
「あ、忘れちゃった、あ、そうそう!」
じゃなくて、

「ぎゃ~まるで思い出せない、覚えたはずなんです~涙」
っていう時、人にこそ

「じゃじゃじゃ~ん、おめでとうございます。
記憶強化ポイント増量プレゼントご当選です!
プレゼントのお申込みはこちらの検索バーからどうぞ!」

ってことじゃないでしょうか。
まあその思い出しにくい記憶(「意識的に記憶したことはすべて永遠に脳内にある」そうですよ、びっくりですね)をなんとか思い出すわけですから、プレゼントの受け取りには多少の手間がかかりますけどね。

でも「こんなに忘れるなんてどうかしてるんじゃないの自分、ほんとにいったいこれでちゃんと覚えられるときがいつか来るんだろうかダーーーー」
っていう思考は不要ってこと。

「ぎゃー、忘れた!」って時は
「しめしめ、増量プレゼント中だわ」
と思ってプレゼント受け取り手続き(思い出そうと努力する)をすればいいってことですね。



ちなみに何かを覚える時にも、「覚える」作業ばかりではなく、「ある程度覚えたら思い出す」というやり方がよいそうです。
つまり暗譜なら「覚える意をもちながら楽譜をみて弾く」、ことをしたら「楽譜を見ずに思い出しながら弾く」、ということでしょうか。

そしてその両方をどのくらいの割合でやった時が一番効率的に記憶できたか、の実験結果ほか、いろいろ興味深いことが書いてあり、読み応えたっぷりの本です。 
ご興味があればぜひおすすめです。





関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2018/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

piakira

Author:piakira
ピアノを弾いたり教えたり。思ったこと、練習のアイデア、メモなど。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
ようこそ!
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。