スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いったい音符っていくつ覚えればいいの?

アルファベット26文字、いろは48文字、常用漢字2000余字。
いったい音符っていくつ覚えればいいの?

アルファベットって26文字です。日本語だとひらがなカタカナそれぞれ50文字弱、漢字はだいたい2000字くらい。
さて音符はいくつ覚えればいいのでしょう?

ちょっと考えてみましょう。
ピアノの鍵盤はふつう88鍵。
じゃあ88個覚えればいいの?

いえいえ、黒鍵には固有の音符はなくて、白鍵の音符に♯や♭をつけるだけだから、黒鍵は数に入れなくていいんですよ。

えーっと1オクターブ12音のうち黒鍵は5つで5/12だから、?/88と計算して黒鍵は約36個?ほんとかな?(数えたことなかった汗)ちょっと確認。タッタッタッタ・・・

本当でした。たしかに36個の黒鍵。ということは白鍵は52個。
ってことで、覚えなければならない音符は52個?

いえいえいえ。
すごーく高い音とか、すごーく低い音は  8̄̄̄̄̄̄̄̄̄̄̄̄̄̄̄̄̄̄ˡ や 8̠̠̠̠̠̠̠̠̠̠ˡ  っていうの使います。オッターヴァ記号といってこれを使うと、楽譜に書いてある音のオクターヴ上、またはオクターヴ下を弾いてください、という指示ができます。

なので実際にでてくる音符ってもっと少ないんですよ!
意外でしょ?(実は私、これを書くのにあらためて数えてみてかなりびっくりしました。)



では数えてみますね。

ト音記号では
真ん中のド~シ・・・・・・・・・・7
1オクターヴ上のド~シ・・・・・・7
その上のドからソくらいまで・・・・5

ヘ音記号では
真ん中のドからシラソファミレ・・・7
その下のドからシラソファミレで・・7
その下ドシラソファくらいまで・・・5

合計38個

それにプラスして
ト音記号の真ん中のドから下へ、シラソファ、と4つくらい
ヘ音記号の真ん中のドから上へ、レミファソ、とこちらも4つくらい。

全部足すと・・・46個になりました。
いかがでしょう?

これより高い音や低い音が絶対出てこない、ということではありませんが、そんなに度々出てくるものでもないので、これだけ覚えれば充分だと思います。
ちなみに私が音符カードにしているのは初級編20個、上級編20個の計40個です。

これだけ(40個~46個)覚えればピアノの楽譜が自由に読めるようになるんですよ~。












      





関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2018/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

piakira

Author:piakira
ピアノを弾いたり教えたり。思ったこと、練習のアイデア、メモなど。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
ようこそ!
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。