スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おとなの譜読み問題

初心者のオトナの譜読み問題でよくあるのは、楽譜のシステムはわかっているけれど、それぞれの音符をぜんぶ個々にはおぼえてはいない、ということではないかな、と思います。

譜読みができる、というのには、

① どの音符をみてもその音が即座にわかる。
そして、
➁ ひとつひとつの音符を全部いちいち見なくても、ひとかたまりの音符がなんの音かがぱっと一瞬でわかる。

という2つの要素があります。


字を読める人ならば、ひらがなをみれば即座にその発音が浮かびます。そのように音符をみればその音符が何の音か(ドかレかミかetc.)反射的に頭に浮かぶ、という状態、これが①ですね。

それに対して②は、例えば「ほうれんそう」という単語を読むのに、字を習いはじめたばかりの子供は
「ほ、う、れ、ん、そ、う」
と一字一字読みますが、慣れればぱっと見で、
「ああ、野菜のほうれんそうね」
とわかる、ということですね。


以前に書いた「音符カードで音を覚える」(こちら→音符カードその後)というのは①の能力をつけているわけです。
子供の頃にこれをマスターしてしまうと確かにとても便利。

が、それはまだなの、という人もぜひ使って欲しいやり方があります。
それが➁のまとめて読むやり方、つまり一つの音符からまわりを予想するってこと。

楽譜のシステムを理解しているからこそできるやり方なので、子供より大人向けなんですよ。


例えば、
・ある音から順次進行して上昇、または下降している場合。 そのグループのなかのどれか1つの音がわかれば他は予想できます。 
例:ドレミファソ、ソファミレド etc.

・ある音からちがう音に移ってまた元の高さに戻った場合。
例:ドミド、ソファソミソ etc.

・楽譜である線上の音符と、そのすぐ上かすぐ下の線上の音符。 
これは鍵盤ではひとつおきの関係にあるので一方の音符がわかれば他方は音名さえわからなくても弾くことができます。
例:ミとソ

・もちろん間の音符(線と線の間にはさまれた位置の音符)同士でも同様です。
例:ファとラ



音符のならんでいる中から、こういうパターンををみつけることは譜読みの強力なテクニックです。
音符を全部覚えている人も、実際はパターンも上手に使って読んでいます。
そういえば文字を読むときも同じじゃないでしょうか。

楽譜のシステムを理解しているからこそできる、このやり方、どんどん音符を読んでいくうちに、確実にわかる個々の音符も増えていきます。

コツは少々間違っても気にせず、へんな音がしたら確認するくらいのつもりでたくさん見ること。

間違ったときに気づきやすいように、わかりやすいメロディーや、きれいな曲、自分が楽しめる曲でやりましょう!
知ってる曲だけど楽譜は初めて見る曲→知らない曲の順にやると難度がUP。

「あなたも3日で楽譜が読める」なんて言えないけれど(ごめんね)、勘は確実に育っていきます。





にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

tag : 譜読み パターン 大人

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2018/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

piakira

Author:piakira
ピアノを弾いたり教えたり。思ったこと、練習のアイデア、メモなど。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
ようこそ!
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。