スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐竜のしっぽ

アレクサンダーテクニークのグループレッスンに参加した時、「恐竜のしっぽがあると思って歩く」というのをやりました。

犬ってしょんぼりしている時はシッポが下がって、怖がってたりするとお尻まで下がっちゃてシッポは足の間に入ってしまったりするし、逆に元気でご機嫌な時はシッポが立っている。
人間はシッポは退化して尾骨しか残ってないけれど、やっぱりそういう変化があるんじゃないか。
シッポがあるとしたら、どんな感じ?っていろいろやってみた。

で、背骨の最後のところに恐竜のような立派なしっぽがついているとしたら、そんなつもりで歩いたらどうなるだろう、と。

そしたら面白いことにいつも歩いてるのとちょっと違う感じになる。
自分の前だけじゃなく後ろの空間にも意識がいくような。自分を中心として円を描くように空気を感じられる。
自分のまわりの空気をまとって動いているような気がする。しっぽのせいで体のバランスが変わったのか、目線がいつもより少し高くなって爽やか。

先生に「どうですか?」と聞かれたから、
「ゆったり歩けて気持ちがいいけど、人混みだとこれでは歩けないような気がします。」
と言ったら、
「試してみましょう!」
と。

狭い空間を区切って参加者みんなで、その範囲をせかせか歩いてみる。
そしたらなんと、すっすっと人をよけてスムーズに歩けるんですよ。
まわりの空間に対する感受性が高まるのかな。
自分のまわりの空気が触覚のような機能を持ち始めたかのような。

人混みを歩く時、よく使ってます。恐竜のしっぽ。
ピアノを弾く時にも使うといいんじゃないかな、と思って実験中。






にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

tag : 恐竜のしっぽ アレクサンダーテクニーク 人混み

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

piakira

Author:piakira
ピアノを弾いたり教えたり。思ったこと、練習のアイデア、メモなど。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
ようこそ!
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。