間違ってください!

レッスンでたまに
「間違ってください」
とお願いすることがあります。


どんな時かというと、同じところを何回も間違って弾いている時。
「あ、もう一度・・・(弾く)、あ、すみません・・・(弾く)、あれ?なんでかな?」
ってなっている時。


そういう時よくあるのは、

①あせってしまって何をどう間違えたかわかっていないが、続けられなくなって止まる。
または何を間違えたかはっきりわからないが、なんとなくおかしい、いつもと違う、と止まる。

または、

②何を弾くかはっきりわかっているし、何を間違えたかはっきりわかっているけど、もう一度弾くとなぜか同じ間違いをしてしまう。

ではないでしょうか。



そういう時、
「一度きちんと間違って弾くといい」
ってことをある時発見しました。(きちんとってへんですが)

そうすると、
①の場合は、なにをどう間違ったか再現しようとするので、自分が弾いていることを観察するし、何を間違ったかわかれば、改善に向かえます。

そして②の場合。
不思議なんですが、間違いをきちんと一回弾くと、「わかってるけど同じ間違いくり返す」というループから脱出できるのです。
(個人的には「一回ちゃんと弾いてあげる」ことで、間違った音が満足して帰っていってくれるんでは、とひそかに思っています。)


ただ
「そこをもう一度弾いて、ぜひ間違って下さい」
というと、なぜか間違わないでできちゃうことが多い。
いえ、戦略として言ってるのではなく、上記の理由で本当に間違ってほしいってお願いしてるんですよ。

それなのに
「あああ~、うまくいっちゃいましたね(ガックリ)」
てなる率高い(笑)。
なぜでしょうね。
そのメカニズムもちょっと知りたいです。




にほんブログ村








関連記事
スポンサーサイト

tag : 間違い 観察 レッスン

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

piakira

Author:piakira
ピアノを弾いたり教えたり。思ったこと、練習のアイデア、メモなど。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
ようこそ!
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる