きゅうりとアレクサンダーテクニーク

アレクサンダーテクニークのレッスンで「アクティビティ」と言って、自分のやりたいことや、日常生活での行動なんかを取り上げることがあります。
楽器を演奏するとかね。

ダンスや歌をうたう、とかヨガのポーズをする人もいます。
パソコン作業の時に楽になりたい、とか、大根おろしを上手におろす、とか何でも。
人前でスピーチ、とか苦手な人としゃべる、なんてのもあります。

個人レッスンだと自分のリクエストのみですが、グループレッスンでグループのメンバーのリクエストを皆でやったり、先生が何かアクティビティを用意している、なんてこともありまして。

そういう中で、ある時
「包丁で何かを切る」というのがありました。野菜だったかな。いや、パンだったかな。

「包丁でパンを切る?よし、わかった、切るぞ!」
っていう時にパンだけにフォーカスするのをちょっとやめて、体全体を思い出して、まわりの空間にも気づきつつetc.…
先生が体に手をそえてくれて
「どのくらいの力がちょうどいいですか?」なんてサゼスチョンがありつつパンを切る。

なんかね、正直ギクシャクするし、まどろっこしいし
「パンくらいそんなややこしいことせんでも切れるわ!なんなら包丁なんて使わなくてもかみ切っちゃる!」って思ってしまいました。

で、まわりの仲間からは
「包丁の音が変わった!」「姿勢が優雅」なんてコメントが飛んでくる。

いやいや、パンくらいほんとにフツーに切れますから。
どっちかいうともっと役に立つことしたい。ピアノ弾くとか。イライラせずに楽に掃除機かけるやり方とかさ。
と思っていました。
言わなかったけどね。

ところがその後だいぶん経ってから(2年くらい?)きゅうりを切ってる時にフト、
「はて、私はなんでこんなにしゃかりきに力づくできゅうりを切ってるんだろう?」
と思うことがあったのです。

で、ちょっと体に意識を向けてみた。そうしたらけっこう力、はいってるんです。
あらら。この力抜いても切れるかな?
切れます。

そして包丁の音が変わる。ああら(笑)。

「きゅうり切るにはどのくらいの力がちょうどいいのかしら」
なんて考えてみたりして。

あの時のアレクサンダーテクニークの先生、ごめんなさい、いや、ありがとう、かな。
2年ごしでやっと自分で気づけました。


よく芸事で日々の生活がすべて芸に通じるから、そこんところから日々精進、なんて言われるけど、
日々、日常でずーっと芸事の精神持っとけってもね、嫌です、そんな窮屈なの、と思っていました。

ああ、でもきゅうりを気持ちよく楽に切ることはきゅうくつじゃない。

はー、もしかしてそういうこと?

そういうことってどうゆうことよ?って言われたらはっきり説明できないけどね。
きゅうりを切る時に心ここに在らずで気づかないうちにぎゅっとなってるのがデフォルト、通常運転ってのよりいいなあ、と。

芸の精神を日常にもってもしかして楽で楽しいことなのかもしれないな、と長く毛ぎらいしていた考え方がちょっと変化した瞬間でした。


ただ不思議なのは、思い出すのはいつもきゅうりだってこと。他のものを切る時は思い出しもしない(笑)。
少しは進歩したいからきゅうりの次はゴーヤかな?

次回ゴーヤを切る時に思い出せますように!






にほんブログ村
スポンサーサイト

tag : アレクサンダーテクニーク 日常 精進

06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

piakira

Author:piakira
ピアノを弾いたり教えたり。思ったこと、練習のアイデア、メモなど。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
ようこそ!
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる