楽しいゴールデンウィークを!



最後に前足をポンと置いて、お外にいこうよ!って言ってるみたいでかわいい・・・




にほんブログ村
スポンサーサイト

tag : ギター

おとなの譜読み問題

初心者のオトナの譜読み問題でよくあるのは、楽譜のシステムはわかっているけれど、それぞれの音符をぜんぶ個々にはおぼえてはいない、ということではないかな、と思います。

譜読みができる、というのには、

① どの音符をみてもその音が即座にわかる。
そして、
➁ ひとつひとつの音符を全部いちいち見なくても、ひとかたまりの音符がなんの音かがぱっと一瞬でわかる。

という2つの要素があります。


字を読める人ならば、ひらがなをみれば即座にその発音が浮かびます。そのように音符をみればその音符が何の音か(ドかレかミかetc.)反射的に頭に浮かぶ、という状態、これが①ですね。

それに対して②は、例えば「ほうれんそう」という単語を読むのに、字を習いはじめたばかりの子供は
「ほ、う、れ、ん、そ、う」
と一字一字読みますが、慣れればぱっと見で、
「ああ、野菜のほうれんそうね」
とわかる、ということですね。


以前に書いた「音符カードで音を覚える」(こちら→音符カードその後)というのは①の能力をつけているわけです。
子供の頃にこれをマスターしてしまうと確かにとても便利。

が、それはまだなの、という人もぜひ使って欲しいやり方があります。
それが➁のまとめて読むやり方、つまり一つの音符からまわりを予想するってこと。

楽譜のシステムを理解しているからこそできるやり方なので、子供より大人向けなんですよ。


例えば、
・ある音から順次進行して上昇、または下降している場合。 そのグループのなかのどれか1つの音がわかれば他は予想できます。 
例:ドレミファソ、ソファミレド etc.

・ある音からちがう音に移ってまた元の高さに戻った場合。
例:ドミド、ソファソミソ etc.

・楽譜である線上の音符と、そのすぐ上かすぐ下の線上の音符。 
これは鍵盤ではひとつおきの関係にあるので一方の音符がわかれば他方は音名さえわからなくても弾くことができます。
例:ミとソ

・もちろん間の音符(線と線の間にはさまれた位置の音符)同士でも同様です。
例:ファとラ



音符のならんでいる中から、こういうパターンををみつけることは譜読みの強力なテクニックです。
音符を全部覚えている人も、実際はパターンも上手に使って読んでいます。
そういえば文字を読むときも同じじゃないでしょうか。

楽譜のシステムを理解しているからこそできる、このやり方、どんどん音符を読んでいくうちに、確実にわかる個々の音符も増えていきます。

コツは少々間違っても気にせず、へんな音がしたら確認するくらいのつもりでたくさん見ること。

間違ったときに気づきやすいように、わかりやすいメロディーや、きれいな曲、自分が楽しめる曲でやりましょう!
知ってる曲だけど楽譜は初めて見る曲→知らない曲の順にやると難度がUP。

「あなたも3日で楽譜が読める」なんて言えないけれど(ごめんね)、勘は確実に育っていきます。





にほんブログ村




tag : 譜読み パターン 大人

間違ってください!

レッスンでたまに
「間違ってください」
とお願いすることがあります。


どんな時かというと、同じところを何回も間違って弾いている時。
「あ、もう一度・・・(弾く)、あ、すみません・・・(弾く)、あれ?なんでかな?」
ってなっている時。


そういう時よくあるのは、

①あせってしまって何をどう間違えたかわかっていないが、続けられなくなって止まる。
または何を間違えたかはっきりわからないが、なんとなくおかしい、いつもと違う、と止まる。

または、

②何を弾くかはっきりわかっているし、何を間違えたかはっきりわかっているけど、もう一度弾くとなぜか同じ間違いをしてしまう。

ではないでしょうか。



そういう時、
「一度きちんと間違って弾くといい」
ってことをある時発見しました。(きちんとってへんですが)

そうすると、
①の場合は、なにをどう間違ったか再現しようとするので、自分が弾いていることを観察するし、何を間違ったかわかれば、改善に向かえます。

そして②の場合。
不思議なんですが、間違いをきちんと一回弾くと、「わかってるけど同じ間違いくり返す」というループから脱出できるのです。
(個人的には「一回ちゃんと弾いてあげる」ことで、間違った音が満足して帰っていってくれるんでは、とひそかに思っています。)


ただ
「そこをもう一度弾いて、ぜひ間違って下さい」
というと、なぜか間違わないでできちゃうことが多い。
いえ、戦略として言ってるのではなく、上記の理由で本当に間違ってほしいってお願いしてるんですよ。

それなのに
「あああ~、うまくいっちゃいましたね(ガックリ)」
てなる率高い(笑)。
なぜでしょうね。
そのメカニズムもちょっと知りたいです。




にほんブログ村








tag : 間違い 観察 レッスン

どんな響きか聴いてみる

昨日は「ペダルと左手の練習」について書きました。(こちら→ペダルの練習

そこでパパっとやらないで、存分に味わってうっとりするくらいに弾いてみて、とおすすめしました。
これは
「和音が濁らないようにきれいにペダルを踏む練習」
ですが、
「和声をよく味わう」
練習でもあります。



これは和声の知識がなくてもできる和声分析です。
和音が(和声が)変わっていくのを自分がどう感じるか、ゆっくり味わってみる。

例えばなにか食べて味わうみたいに。
甘い、苦い、さわやかな味、びっくりする味、ピリッとする、まったりする・・・

それともなんらかの感情として味わうかも?
喜び、怒り、後悔、憧憬、追憶、平穏、衝撃?

気分によって感じ方がちがうかも、日によってちがうかも、弾き方によってちがうかも。

「左手とペダル」に限らず、どこでも和音が見つけられればできます。

和声って音楽の中でも感情に直結する要素なのに、諸々の事情でゆっくり聴いてあげる暇がない、ってことがわりにあるような気がします。いい奴なのに後回しにされちゃうっていうか(笑)

和声の知識に関係なくできるので、和声苦手って人もぜひ!





にほんブログ村




 

tag : 練習のヒント 和音 和声分析

ペダルの練習


ペダルの練習のヒントです。

「和音が(和声が)変わるごとにきれいに踏みかえる」、というのは、ペダルの基本ですよね。

でもワルツの伴奏や、ロマン派あたりでよくある左手の広いアルペジオの伴奏なんかだと、バスの音が跳んでいることが多くて、バスにペダルをかけそこなったり、反対にタイミングが合わなくて前の小節の音が混じったりして、すっきり替えるのはなかなかむつかしい。

「ペダルは耳で踏め」
なんて言いますが。(いやあねぇ、耳で踏めるわけないでしょ!踏めるもんなら踏んでみろってんだっ・・・)

実際ペダルがすっきりしない場合は、ペダルを踏むタイミングがどうこうというより(もちろん直接的にはタイミングがずれてるんだけど)、ペダルの響きがOKかどうかを聞く余裕がない、ということが多いです。

そういう時の練習として、


「左手の伴奏部とペダルだけで弾く」


というやり方があります。

「えー左手だけ~?つまんない~!」
と思えばたしかにそうなので、ちょっとしたコツは、意識をかえて、
「この美しい和声の変化をペダルで存分に味わおうぞ!」
って方向にもっていってください。

「もしかすると環境音楽系でこういう曲ありかも?」
っていうくらい、うっとりするくらいに弾いちゃって見て。

下処理、って感じでパパッとやるのもったいない。
のんびり楽しんでみて(楽しんでやったほうが効果があがります)。

その後右手をつけたらあらびっくり!ってなるのを楽しみに。



今日はこれだけですが、少し補足を。

この練習はレガートペダルの踏み方を知ってる人向けです。
まだやってない人はまずそれをマスターしましょう。

それ以前に、
「(いわゆるクラッシックピアノ音楽での)ペダルがきれいに響いてる状態」
というのがどういう状態か、の認識がない、って場合があります。

たとえば小さい子供、ペダル踏みっぱなしで
「おおおお~きれい~!」
って思ってる場合。
たしかにエコーがかかったみたいできれいですよね(私もそう思ってました)。
和音が変わるときにペダルを踏みかえるとこんな響きだよ、混ざるとこんなんだよ、というのを、教えてあげないといけないわけです。
いつかまた近代、現代あたりで
「えーこれ全部ペダルでまぜちゃうんですか!?」
って音楽も出てくるのに、今は
「こっちはきれいで、こっちは濁ってるでしょ?」
と教えるの、いつもちょっとだけ詐欺っぽい気がしてしまうのですが、これが文化と思って一回教えます。

このペダルの”文化”を理解していても、レガートペダルの踏み方をマスターしていても、濁った響きがしてしまう場合は、ぜひ先ほどの「左手とペダル」を試してみてください。

それでもなかなかペダルがすっきり踏めない、という場合、関係があるのでは、と私が思っているのは、電子ピアノです。
電子ピアノは(構造上だと思いますが)アバウトに踏んでもペダルがあまり濁って聞こえないようです。
普段電子ピアノで練習している場合は、できるだけ機会をみつけて(アコースティックの)ピアノで練習することをおすすめします。








にほんブログ村


tag : ペダル 練習のヒント レガートペダル

読譜

楽譜を読むとき。
読む情報は色々あります。

音の高さと音の長さ。
とりあえずここから始めるという人は多いのではないでしょうか。

いや、その前に調子記号と拍子を見る?
それはすばらしい。
どの調かということを知っておくと読みやすいし、拍子も大切。
一見同じように見えても4/4拍子と2/2拍子では拍子感が違いますからね。

速度記号や表情記号をチェック?
アーティキュレーションや強弱?

それとも最初に大まかに譜面をながめて、全体の構成がどんなのか見当をつける?
(もしかして同じ部分がくり返し出てきたら、そこの音読みはしなくてすむしね)

全部いっぺんに把握できちゃう優秀な人?


どこから始めるにしても、頭の片すみに置いておくといいと思うことは、
作曲家の頭の中にはどんな音楽が鳴ってたんだろう?」
という問いかけ。

(もちろんそれはうかがい知れないことではありますが。)

楽譜にある音をひろってみたけど、何がなんだかわからない、という時、
「これは(今は未だ)わけわかんないけど、何かすばらしい音楽のはず」
と思って読みすすめることが、だんだんにどんな曲かわかってゆく、その糸口になります。

逆に楽譜を”きちんと”読まなければ、っていう強迫観念にかられて、
「とりあえず”正確に”読んで、それが弾けるようになってから音楽的に弾こう」
という本末転倒な回路に迷い込むのも防いでくれます。

アーティキュレーション、特にスラーのかけ方などは、時代や作曲家によってかなりちがいます。
装飾音の弾き方や、音の長さでさえ、その時々で、どういう風にするのがよいか、というのが一定ではありません。

細かいところはレッスンで習ったり、書物にあたったり、録音を参考にしたりすればよいでしょうが、録音も色々、学者の意見も一致しているとは限らず、教師によっても微妙に言うことがちがったり・・・
「なんだよ、どうすればいいの?」
という時も。

先ほどの問いを思い出して。
作曲家の頭の中にはどんな音楽が鳴ってたんだろう?」

楽譜が、作曲家が思い描いた「何かすばらしいもの」を私たちが(あなたが)再現可能なように、工夫して描き起こしてくれた設計図、というふうに考えてみると、楽譜上の二次元の情報が立体的に立ち上がって見えてくるかもしれません。





                                         
にほんブログ村









tag : 読譜 練習のヒント 作曲家

リラックスした日曜日を!

リラックスした日曜日を!



------アメリカ合衆国で長らくトレンドだった山羊ヨガがついにオーストリアへ!!
ニーダーエーステライヒ州の山羊所有者が自分の山羊をヨガ山羊に教育しました。
「ヤギたちは人々を日常からすっと連れ出してくれるの。ヤギが近づいてきてあなたを嗅いだり触ったりすると、スポーツジムでよりずっとリラックス感を感じられるんじゃないかとおもうわ!」------

オーストリアのニュースより。皆さんヤギに登られて楽しそう!ヒヅメは痛くないのでしょうか(笑)





メトロノームで練習するのに疑問を持ったら

メトロノームにあわせて練習することはあるでしょうか?

うまくいってますか?

あ、つまり、
追いたてられるようで弾きにくくないですか?

フレーズの終わりなんかで少しでも油断すると、先に行かれてちゃって、追いつくまで急いで弾かなければならなくて、そうするとメトロノームを追い越しちゃって・・・などと苦労していませんか?

先生に
「正確なテンポで!」
と言われたから、きちっとメトロノームに合わせていったら、
「もっと歌って!」
とテンポをゆらされて
「なんなん?」
と思ったことは?

それとも、だれかのすばらしい演奏の録音を、メトロノームでこっそりチェックしてみたら、けっこうずれる、というか、合う所が少ししかなかった、って経験は?




これ全部私の経験ですが、似たようなことを感じている方もいるのでは。

今日はそういう時におすすめの練習のやり方を。




「拍子を(声に出して)数えながら弾く」



です。

子供の頃、初歩の教本をやっていたころ、やったことがあるのではないかと思います。
それとも先生が横で数えてくれたでしょうか?

それを今やっている曲で、自分で声に出してやります。

数え方は、拍子どおり。
2拍子なら、1、2、1、2、・・・
3拍子なら、1、2、3、1、2、3、・・・
4拍子なら、1、2、3、4、1、2、3、4、・・・
です。

もし間に「ト」をいれたほうが数えやすければ、入れて数えましょう。
1、ト、2、ト、1、ト、2、ト、・・・
のように。

ゆっくりの曲の時や、細かい音符がある時などは「ト」をいれたほうが数えやすいかもしれません。

逆に速い6/8拍子などは、1、2、3、4、5、6、1、2、3、4、5、6、・・・
のかわりに、大きく(付点4分音符で)
1、2、1、2、・・・
と数えるか、「ト」を使って、
1、ト、ト、2、ト、ト、1、ト、ト、2、ト、ト、・・・
と数えるのも良いかもしれません。



ていねいに説明してもこの程度で終わってしまう(笑)、この練習ですが、これ、とにかくやってみないと良さがわからないのです。
ちょっとでも興味をひかれたらぜひ!


といってもそう言うだけでは説得力無さすぎ、なので、どこがそんなに良いのか、書いてみましょう。


①数えながら弾くと、弾きにくいので、後で数えるのをやめて普通に弾いた時、上達している。
障害物走を走ったあと、ふつうに走るとらくちんだよ!という感じですね。
これは良いところ序の口。

そしてなんと、

②うまく行ってない所があぶり出される。
1、ト、1、ト、と変な数を口走ったり、数える口が「アワアワ・・」となったりする所は、一見弾けていたようにみえるけれども実は怪し~い所、です。数えながら弾けるようになると、その怪しさが消えてすっきりします。
すごいでしょ?リトマス試験紙みたいなんです。

そしてもちろん、

③リズムが良くなる。
数えながらあやふやなリズムはかえって弾けません。
それから、次は重要。メトロノームで練習するのって主にこれが目的では?

④テンポが安定する。

そもそもテンポが安定しない要因は
「テンポ感が悪いから」
とか
「テクニック的なもの」
とか思われがちですが、
実はそれよりも、
「気づかないうちに色々な単位で拍子を感じているから」
ではないかな、と思います。

8分音符や16分音符、32分音符など細かい音符が出てきた後、長い音符が出てくると、そこだけ速くなってしまう、ということはよくあります。
これは細かい音符の時は細かく、長い音符の時は大きく拍子をとってしまうからでしょう。

数を数えながら弾くというのは、同じ単位を(否応なしに)感じつつ進んでいくことになります。
指揮者を一人雇ったようなものですね(笑)

もちろんこの練習をした後は、数えるのをやめて(数えてたことなんか忘れて)、普通に弾いてください。
一旦やる、ということが練習なので、練習した後まで拍子を気にしながら弾く必要はなし。

さて、いかがでしょうか?

最後に、もひとつおまけをつけましょう。
⑤これら全部を、メトロノームの血も涙もない非情な拍子に追いたてられることなく、マスターすることができる!



もしかしたら
「拍子を自分で数えるのはあまり正確ではない」
と思う人もいるかもしれません。

確かに弾きながらだと、面白いくらいヨレヨレになるし、まるで違う数字を口走ったり、途中で口がお留守になったり、こけつまろびつなんとか進む、ということにも(しょっちゅう)なります。

でも数える時にヨレヨレでも、ビフォーアフターは大きく違うんですよ~。

人間には脈があったり、お母さんのおなかの中ですでに心音を聞いて育ったり、歩く時、走る時、海の波のよせてかえすリズム、と脈動感のあるリズムは人間そのもの、もともと持っているリズムなんだろうと思います。
安定した、でも機械的ではないリズム。

数えることで、その有機的なリズムに有機的に音符を乗っけてあげることができるんだろうと思います。

あ、ヨレヨレになることは必至なので(逆にすっと数えられちゃう人にはこの練習は必要ないかも)、ヨレたら笑い飛ばす!というのが、この練習の唯一の「使用上の注意」です。

お楽しみを!



にほんブログ村











theme : 楽器 練習
genre : 音楽

tag : 練習 メトロノーム 拍子 脈動感

楽譜の書き込み

書き込みをすることについて。

レッスンで教師が楽譜に書き込みをすることはよくあります。
そのほかに、自分で書き込みしてますか?

色々な方がいて、だいたい

①書き込みは教師がするもの派 
②自分でも時々する派
③レッスンで習ったことにとどまらず、自分で考えたこと、アイデアなとどんどん書き込む派

の3つの傾向があるようです。

書き込み、どんどんするといいと思います。
自分の楽譜ですし。

色々書き込みをした楽譜、愛着もわくし、研究の跡ものこるし、次に弾く時に役に立つかもしれません。


書き込む内容は
☆ドレミ(加線の多いとても高い音やとても低い音でなんだっけか?と思う音符にちょっと書いておく)
☆指使い
☆強弱、アゴーギク、アーティキュレーションなど
☆曲の構成にかかわること(フレーズとか形式とかetc.)
☆ハーモニーに関すること
☆アイデア、イメージなどのメモ
☆注意する場所、注意事項
☆練習の方法
などなど・・・・

自分に合わせていろいろ自由に書き込めばよいと思いますが
書き込むときのおすすめを少し。

①「○○するな」コマンドではなく、肯定的コマンドで書く。
「速くならない」→「同じテンポで」
「硬くならない」→「しなやかに」
など。

②気分が上がるように書く!
「ぎゃーあかんわ~」という所だからといって、でっかい×印つけるのとかやめましょう(え?闘志がわく?そういう人はそれでもいいですね)。
見直しポイントとか練習ポイントには自分の好きな印を使いましょう。個人的にはハートとかはなまるとか、かわいい印をつけるのがおすすめ。
色をつけてカラフルに、というのも良いですが、あとから消せる筆記用具を使うか、消せないものはコピーをとった楽譜に使うほうがよいかもしれません。というのも、

③いらない情報は消す。
熱心にいろいろ書き込んだマイ楽譜、あまりに書き込みすぎてもとの音符がかすんでしまうほど、ってことはないでしょうか。
そういう時は、もうできるようになったこと、いらない情報を消す、ということも考えてみましょう。
楽譜がすっきりとして大きな流れも見えやすくなり、またあらたな発見があるかもしれません。


以上、今回は楽譜の書き込みについてでした。
遠慮せずいろいろ試してみてはいかがでしょうか。

余談ですが、図書館で借りた楽譜に、指使いとか書き込まれていて、
「おー、この人はこんな指使うのか」
と思ったり、
「あ、この人もここで苦労したのね!」
と見知らぬ人に共感したりすることがあります。

借り物に書き込み、ほんとはよくないけど、ね。(せめて鉛筆で!)










にほんブログ村



theme : 楽器 練習
genre : 音楽

tag : 練習 楽譜 書き込み 気分が上がる

その前のところが問題かもしれません

ピアノ弾いていて
「うまくいかないなー」
って所。

練習してもうまくいかない。

「うーん、私テクニックないし」
「基本をもっとがんばらないと」
とハノンを開けてしまうその前に。

今うまくいってない所の前、すぐ前をチェックしてみましょう。
すぐ前の所、弾けてるとは思います。
でもそこがしっくり来ていないから次がうまくいかない、ってことが(いつもじゃないけど)けっこうあります。

すぐ前の所のフレーズの終わりが落ち着かない感じのまま次に突入してたり、
すぐ前の所から今問題のうまくいっていない所に入るつながりがギクシャクしていたり。
(そもそも前のところまででへとへとに疲れてきってしまっている、ということも!)

たとえば、とび箱を練習して跳べるようになっても、踏み台の手前の辺がじゃり道だったら、上手く跳ぶのはむつかしい。
そのまま練習を続けるまえに砂利をどけるでしょう。

苦手意識があると
「あ~もっと練習してテクニックつけなきゃ」
って方にばかり考えがいってしまい、真の(というか直近の)原因を見落としてしまいやすいかもしれません。

とび箱をとぶ能力を高めるのももちろん良いですが、じゃり道のチェックもぜひ!
今ある能力で解決できることかもしれません~







にほんブログ村



theme : ピアノレッスン
genre : 音楽

03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

piakira

Author:piakira
ピアノを弾いたり教えたり。思ったこと、練習のアイデア、メモなど。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
ようこそ!
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる